1234 Street Name, City Name, United States
(123) 456-7890 info@yourdomain.com

自覚症状

汗疱(かんぽう)は手のひらや足裏、または指と指の間などにブツブツの水疱が現れる病気で、通称あせもと言われており、足の裏に出現すると水虫と間違われるケースもままあります。
日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、4〜5日くらい服薬すれば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の炎症反応が癒えたわけではないので気を付けましょう。
我が国における結核への対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に従う形で進められてきましたが、半世紀が経過した2007年からは異なる感染症と一まとめにして「感染症法」に沿って行われることになったのです。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法では大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法」もしくは「冠動脈大動脈バイパス移植術」の二つの異なる治療がよく採用されています。
環状紅斑とは環状、要は輪っかのような円い形をした紅っぽい湿疹や鱗屑など、皮ふ症状の総合的な名前であり、その原因はあまりにも多種多様ということで知られています。
結核をもたらす結核菌は、菌を保有している人が咳き込むことによって内気の中に飛び散り、空気中でふわふわと動いているのを今度は他の人が呼吸の際に吸い込むことによって拡がります。
衝突事故や建築現場での転落など、強大な外力が身体にかかった場合は、複数の位置に骨折が発生してしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、重症の時は内臓が損壊してしまうこともあります。
下腹の強い痛みが主訴となる病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気など、様々な部位の病気が聞かれるようです。
緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝りや首こり、張りが因子の最も一般的な慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような痛さ」「重いような酷い痛さ」と表現されることが多いようです。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素そのものの正常な製造を促しているかもしれないという新たな事実が判明しました。
めまいが現れず、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを複数回発症する症例の事を区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」ということもままあります。
30歳代で更年期が訪れたとすれば、医学的には「早期閉経」という病のことを指します(この国の場合40才以下の女性が閉経してしまう状態のことを「早期閉経」と定義付けています)。
体脂肪量は変化が見られず、体重だけが食物摂取や排尿などで短時間で増減するような時、体重が増加すれば体脂肪率は低下し、体重が減れば体脂肪率が上がります。
過飲過食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身のストレス、加齢といった多様な因子が混ざると、インスリン分泌が鈍化したり、機能が鈍化したりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病に罹患します。
ストレスがかかり、溜まっていく構図や、手軽で効果的なストレス対策法など、ストレスの詳細な知識を学んでいる人は、それほど多くはありません。