1234 Street Name, City Name, United States
(123) 456-7890 info@yourdomain.com

間違うこと

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂質やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、動脈硬化や狭心症を始めとした色んな生活習慣病の合併症を招くかもしれません。
花粉症の病状(鼻水、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが主因で睡眠不足になり、翌朝起きてからの仕事に思わしくないダメージを与えることも考えられます。
H17年2月より新たに特保の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のキャッチコピーを表示すること義務となった。
めまいが確認できず、長時間続く耳鳴りと難聴の症状だけを複数回発症する症例を区別して「蝸牛型メヌエル病」という病名で診断するケースがあるのです。
下腹部の激痛がみられる代表的な病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮の病気など、様々な病名が挙げられるようです。
エネルギーとして速攻で機能する糖分、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこういった体調を保障するために必ず要る栄養素までも乏しい状態にしている。
日本における結核への対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」に準ずる形で行われてきましたが、56年後の2007年から他の数ある感染症と供に「感染症法」という名前の法律に従って実行されることに決まりました。
音楽会の開催されるホールや踊るための広場などに置かれている特大スピーカーのすぐ脇で大きな音を浴びて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性難聴」と呼んでいるのです。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの草木の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を発症させる病気だといえます。
流感とも呼ばれるインフルエンザの予防の仕方や治療方法等原則的な対処策は、それが季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わらないのです。
塩分と脂肪の摂取過多をやめた上で無理のない運動を心がけるだけでなく、ストレスを溜めすぎないような暮らしを意識することが狭心症を招く動脈硬化を未然に防ぐ知恵なのです。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を鈍化させたり突然変異を誘発する人体に有害な物質を体の中で解毒し、肝臓の動作をより強化する役目が判明しています。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有した精液や血液の他、母乳、腟分泌液、唾液等の様々な体液が、看病する人などの粘膜や傷口などに触れると、感染のリスクが高くなるのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に作用する様々な酵素や、細胞・組織などの代謝機能に関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素の構築成分として欠かせないミネラルの一種です。
骨を折ったことにより大量出血した状況では、急に低血圧になって目眩や冷や汗、悪心、意識消失発作などの色々な脳貧血症状が現れるケースもあります。